難しい通関手続きなどは化粧品輸入代行に頼るのがおすすめ!

回収騒動にならないために

メイク

海外化粧品を輸入して販売するなら、化粧品輸入代行業者を利用しましょう。業者を利用すれば、通関手続きは勿論ですが、商品回収トラブルに見舞われるようなことが少なくなります。健全に販売活動をするためには欠かせない存在です。

もっと見る

薬事法に引っかからない

化粧品

海外には、高品質な化粧品が数多く存在しています。口紅から下地用のパウダー、マスカラに乳液といった美容液に至るまで幅広く存在します。海外発の化粧品を輸入して日本国内で販売すれば、多くの女性が購入してくれる可能性があるのではと感じてしまいます。メイクを気にする人や、美容に気を使う人なら海外発の化粧品と聞けば、どのような効果がもたらされるか、自身の肌にぴったりなのかを試したくなる可能性があります。美容を意識する女性に向けて、海外発の化粧品を広めようと輸入事業を開始しても、思わぬ落とし穴にはまってしまいます。どのような落とし穴かというと、日本の薬事法に関することです。実は、化粧品は、薬事法に基づいての販売が義務付けられています。基本的には、人肌につけるためのものなので、厳密な審査を必要とします。その審査をパスしなければ、日本国内で海外発の化粧品を販売するのは難しいでしょう。ですが、化粧品輸入代行業者を利用すれば、薬事法に関することは勿論、品質管理や通関手続きに至るまで行なってくれます。複雑な手続きが必要な化粧品輸入は、代行業者にお任せすれば問題なく化粧品販売を国内で遂行できるようになるのは間違いありません。面倒な手続きをする手間を省きたいとおもったら、すぐにでも化粧品輸入代行業者を利用するのをおすすめします。まずは、化粧品輸入代行業者を利用する上で、どれくらいの費用がかかるのか、どんなサービスを遂行しているのかをじっくりと調べましょう。

代わりに作ってくれる

メイクする人

化粧品OEMとは、平たく言えば生産力のない企業の代わりに商品を作るサービスのことを指します。新規で立ち上げた場合には、うってつけと言えるでしょう。また、薬事法に関する書類手続き代わりに作成して提出してくれます。

もっと見る

実績で判断

女性

オリジナルの化粧品を開発して正式な商品として販売、あるいは宣伝用のアイテムとして利用するならOEM業者に依頼をするのがおすすめです。オーダー通りに作ってくれるのは間違いありません。実績を見て適切なところを見つけましょう。

もっと見る